2010年02月25日

町に4300万円支払い命令=前町長不支持の業者を指名せず−熊本地裁(時事通信)

 2003年の熊本県錦町長選で、前町長の対立候補を支持したため公共工事の指名を不当に外されたとして、同町の建設業者2社が、町に約1億2000万円の賠償金を求めた訴訟の判決が24日、熊本地裁であった。長谷川浩二裁判長は「指名回避の理由は、対立候補を支援したことに対する意趣返しだった」として、町に対し計4300万円の支払いを命じた。
 裁判長は「前町長の当落と指名状況の間には明らかな相関関係がある」と認定。「恣意的ではなかった」とする町側の主張を退けた。 

異例の隠密出張 官房長官が公表(産経新聞)
手錠外して1分後、逃走男逮捕…締め方緩かった(読売新聞)
首相、廃止の民主政調「復活させず」(産経新聞)
大出さん殺害、木嶋佳苗被告を殺人罪で起訴(読売新聞)
山内議員元秘書を逮捕 立場悪用、金策に奔走(産経新聞)
posted by トミオカ カズヒロ at 02:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。