2010年01月29日

<谷垣総裁>消費税10%以上必要(毎日新聞)

 自民党の谷垣禎一総裁は27日、東京・内幸町の日本記者クラブで記者会見し、消費税の税率引き上げについて「われわれが政権にいたときは10%ぐらいと考えていたが、社会保障の状況を考えると、もうちょっといくかもしれない」と述べ、10%以上が必要との認識を示した。谷垣氏は総裁就任後、具体的な税率への言及を控えていたが、消費税増税に消極的な政府・民主党を揺さぶる狙いとみられる。【田所柳子】

【関連ニュース】
山崎前副総裁:公認問題決着後、進退自ら判断
衆院予算委:法制局長官いたなら…谷垣氏、政治主導皮肉る
衆院予算委:午後に党首対決 谷垣総裁「政治とカネ」追及
自民・谷垣総裁:民主の対策チーム「小沢紅衛兵」と批判
谷垣総裁:「物言えば唇寒し」民主党を皮肉る

<春闘>労使が初交渉 賃金より雇用確保優先(毎日新聞)
稲嶺氏先行、島袋氏が猛追…名護市長選読売調査(読売新聞)
都議補選終盤戦 島の発展へ舌戦 自・民、国会議員ら動員(産経新聞)
臨時接種の新類型創設へ―インフル対策で予防接種部会(医療介護CBニュース)
「斟酌の理由ない」に反発=沖縄出身議員(時事通信)
posted by トミオカ カズヒロ at 15:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。