2010年01月22日

レーザーポインター違法販売 大阪府警 容疑で逮捕へ(産経新聞)

 目を傷つける恐れがあるレーザーポインターを安全表示せずに販売したとして、大阪府警阿倍野署が、消費生活用製品安全法違反(特定商品の無表示販売)の疑いで、大阪市阿倍野区の販売会社経営の男(35)ら2人の逮捕状を取ったことが18日、分かった。容疑が固まり次第、同日中にも逮捕する方針。

 府警は昨年12月、阿倍野区内の本店や営業所を家宅捜索し販売用のレーザーポインターを押収していた。

 同署によると、男らは光線の出力が基準以上のレーザーポインターをインターネットオークションを通じて販売した際、出力が安全基準に適合していることを示す経済産業省が指定する「PSCマーク」を表示していなかった疑いが持たれている。

<戦闘ヘリ>受注減、350億円払え…富士重が防衛省を提訴(毎日新聞)
水谷元幹部の名刺押収 石川議員事務所から(産経新聞)
<リコール>BMW15車種、ロールスロイスも4車種(毎日新聞)
鳥取・米子「ダラズFM」6月に開局(産経新聞)
こわばる民主議員、小沢氏に説明求める声(読売新聞)
posted by トミオカ カズヒロ at 22:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

保育施設の元園長ら書類送検=うつぶせに寝かせ乳児死亡−山形県警(時事通信)

 山形県天童市柏木町の認可外保育施設「みんなのベビーホーム」(閉園)で2007年11月、生後4カ月の女児がうつぶせに寝かされ死亡した事故で、県警捜査1課と天童署は18日、業務上過失致死の疑いで、元園長の女性(71)=同県中山町=と保育士2人を書類送検した。
 3人の送検容疑は、07年11月2日午前9時半〜午後1時15分ごろ、女児を軟らかい敷き布団にうつぶせに寝かせ、窒息死する危険性があったにもかかわらず注意義務を怠り、放置した疑い。
 同課によると、厚労省は認可外保育施設指導監督基準で、0歳児3人に職員1人を配置することを定めているが、事故当時は、同じスペースに寝ている10人の0歳児を保育士2人だけでみていた。保育士は、泣いていた女児を寝かしつけるため、うつぶせに寝かせたという。 

【関連ニュース】
離婚めぐり逆恨みか=5発発射、犠牲者3人に
体協職員ら4人を書類送検=バスケゴール死亡事故
子どもの不慮の事故防げ=消費者庁がプロジェクト立ち上げ
児童施設園長ら書類送検=2歳児窒息、業過致死容疑
自殺の男、殺人容疑などで送検=仙台の駐車場死体遺棄

<交通事故>大学生はねられ死亡 横浜(毎日新聞)
「助かってほしい」=発生から5日、家族ら会見−10人乗り漁船遭難事故・長崎(時事通信)
事件を勝手に「終局」…千葉家裁職員を戒告処分 (産経新聞)
大商会頭に佐藤氏打診 京阪CEO(産経新聞)
党大会開幕 共産党もチェンジ? 米国や財界に柔軟路線 連立政権への参加模索(産経新聞)
posted by トミオカ カズヒロ at 12:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。